母の日の歴史と何をすればいいのか

subpage01

5月の第2日曜日は日本の場合、母親への感謝の心を表す日として赤いカーネーションを贈るのが慣例となっている母の日です。

もともとは20世紀初頭のアメリカで、キリスト教徒のアンナジャービスという女性が、亡き母の命日にあたる5月9日に母親が好きだった白いカーネーションを信者に配ったことが、母の日の始まりとなっています。
1914年に議会で正式に祝日として定められました。
日本には明治時代に伝わったといわれ、第二次世界大戦後に一般に広まっていったのです。
母の日にはいつも家族のために頑張ってくれているお母さんに花束を贈って、感謝の言葉を伝えましょう。カーネーション以外にお母さんの好きな花を贈っても喜ばれることでしょう。


離れて暮らしているお母さんには、花束と一緒に心がこもった手紙も添えて贈るのも一つの方法です。

母の日が気になる方はこちらへご来訪下さい。

花束を贈る代わりに一緒にレストランなどで子供たちが主催して、食事を楽しんでみるというのもいいはずです。


家庭の生活における悩み事や愚痴など、丁寧に聞いてあげましょう。



お母さんが好きな料理をオーダーして、家族水入らずのひと時を過ごしてみるのもいいことでしょう。

お母さんへの感謝の言葉は忘れないように、しっかりと伝えてください。

あくまでもお母さんが主賓ですから、お母さんのイメージに合った素敵な食事を提供する場所を探してください。この日にはレストランなどもお客様でいっぱいになることがありますから、事前の予約をしておくことをお勧めします。